So-net無料ブログ作成

繋げる [人]

  



     DSC01562.JPG


 昨日は大分市で布教師会研修会があり、新潟市から小川上人という日本で永代供養墓というものを最初に立ち上げた方を招いての勉強会でした。


 「大切なのはその方を知ること」ということを重視して、30年前から現在帳を作成されてこられたのだとか。そうすることでその人本人だけでなくネットワークが生まれるとも。



 そんな話をお聞きした今日は、ひょっこり旧知のSさんが奥さんと来られて、「この間会ったときに立ち話したけど、今日は挨拶にきた」と。「あんたんとこの檀家になりたいけど、どうすればいい?」「うちは二男だからどこでもいいけど、同じお寺なら早く納骨堂を契約しないと来年になったら値上げするとか長男のところの寺の住職が言うから、私はそれが好かん」と奥様も言います。


 奥様は私の上の姉と高校の同級生ですし、つながるご縁があったのでしょう。


 今日はブログ仲間のMさんとも電話でお話できて、「来月オフ会をこっそり二人でしましょう」という運びになりました。縁は結ばないとなかなか繋がりません。大事にしたいですね。

nice!(10)  コメント(3) 

nice! 10

コメント 3

koto

ウチも二男なのでどこでも良いのでしょうか。

by koto (2018-12-19 01:36) 

majyo

うちの次男も墓を買いました。近くです。
来年はやはり消費税の関係ですか?
私はそれが好かんは、お人柄を表していますね。もちろん良いなあ


by majyo (2018-12-19 07:43) 

gonntan

kotoさん 本家さんにもよるとおもいますが。基本的にはどこを選んでも良いはずです。よく考えて下さい。

majyoさん 消費税は基本的にお寺には関係ないです。が、これから新築する納骨堂だと影響がありますね。
by gonntan (2018-12-19 23:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。